ホーム 病院の紹介 診療科の紹介 外来・入院の案内 各部署の案内 TOPICS

看護部
薬剤科
検査科
放射線科
栄養科
リハビリテーション科
ME科
消化器内視鏡センター
>対象疾患・使用機器
>内視鏡治療
>検査の流れ
>受付手順
手術室
健診センター
地域連携質
医療情報室
保育所



看護師採用ガイド
採用情報
医療法人讃和会 友愛会病院
〒559-0006
大阪市住之江区浜口西3-5-10
TEL:06-6672-3121(代表)

>>各部署の案内看護部薬剤科検査科放射線科栄養科リハビリテーション科CE科消化器内視鏡
手術室健診センター地域連携室診療情報室保育所
 対象疾患(内視鏡検査が行える疾患)
食道の疾患(胸焼け、つかえ感、胸痛など)
胃食道逆流症・逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニア、食道癌
胃・十二指腸の疾患(胃痛、胃もたれ、膨満感、吐き気・嘔吐など)
急性胃炎・慢性胃炎、消化管運動機能障害、胃潰瘍、
十二指腸潰瘍、ヘリコバクターピロリ感染症、胃ポリープ、胃粘膜下腫瘍、胃癌
大腸の疾患(腹痛、下痢、便秘、血便など)
便秘症、過敏性腸症候群、大腸憩室症、大腸ポリープ、
大腸癌、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎
内視鏡

 使用機器
最新鋭ハイビジョンシステム
走査線と水平方向の画素数が大幅に増大したモニターと、ハイビジョン対応の高画質CCDとの組み合わせによって、飛躍的に鮮明な画像が得られるようになりました。従来の方式では観察が困難であった、微細な粘膜構造の変化にとどまる異常病変も発見しやすくなりました。
NBI(狭帯域光観察)
がんの増殖には、血管からの栄養補給を必要とするため、病変の近くの粘膜には、多くの血管が集まりやすくなると考えられています。粘膜内の血管などをより鮮明に観察しやすくするために、血液中のヘモグロビンが吸収しやすい特殊な光を照らし画面に表示する『狭帯域光観察』が開発されました。狭帯域光観察では、毛細血管の集まりやそのパターンなどが鮮明に表示され、通常光による観察では観察が困難であったがんなどの早期病変の発見において有用性が期待されています。
細径内視鏡
鼻から挿入して行う経鼻内視鏡検査には、『不快感が少ない・吐き気が起きにくい・検査中も会話ができる』という利点があります。内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れにくいため、挿入による不快や吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることができるようになりました。
使用機器

 高度内視鏡洗浄・消毒(ガイドライン洗浄)
当院では、最新の内視鏡専用洗浄装置(OER3、OER4)にてスピーディーかつ高度なアルカリ洗浄、過酢酸消毒をすべての検査ごとに実施しています、この高度洗浄法はB型、C型肝炎ウィルス、ヒト免疫不全ウィルス(HIV)ヘリコバクターピロリ菌をはじめとした感染症に対応しております。
内視鏡の感染対策に関する自己調査認定施設はこちら
http://www.sgets.jp/


PAGE TOP△

|HOME|病院の紹介診療科の紹介外来・入院の案内各部署の案内TOPICS|アクセス
Copyright(c)2007-2014 Yuaikai Hospital All right reserved.