ホーム 病院の紹介 診療科の紹介 外来・入院の案内 各部署の案内 TOPICS

看護部
薬剤科
検査科
放射線科
栄養科
リハビリテーション科
>主な取り扱い疾患
>各種療法について
>関西3病院リハビリテーション部会
ME科
消化器内視鏡センター
手術室
健診センター
地域連携質
医療情報室
保育所



看護師採用ガイド
採用情報
医療法人讃和会 友愛会病院
〒559-0006
大阪市住之江区浜口西3-5-10
TEL:06-6672-3121(代表)

リハビリテーション科
>>各部署の案内看護部薬剤科検査科放射線科栄養科リハビリテーション科CE科消化器内視鏡
手術室健診センター地域連携室診療情報室保育所
こんにちは、リハビリテーション科です。
近年、医療の進歩により、救命できる患者さんの数は一昔前と比較すると格段に増えています。
しかしその分、後遺症で寝たきりになる方の数も増える傾向にあります。
現在、世界一の高齢化社会といわれる日本において、『リハビリテーション』の重要性は誰もが認めるところです。
リハビリ設備
私たちは、患者さんやご家族様の懸命な努力や回復への強い意欲に応えるために、
医師を中心とし、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、医療ソーシャル ワーカー、
薬剤師、栄養士、義肢装具士など、多くの専門職とともに連携をとり合ったリハビリテーションチームを基盤として、より早く、安心して社会生活を取 り戻していただけるよう、
治療と援助を行っています。

 リハビリテーション科の紹介
急性期リハビリテーションから回復期リハビリテーション実施体制整備完了!
平成22年5月から、回復期リハビリテーション病棟を開設しました。これにより、急性期から回復期まで一貫したリハビリテーションを、当院にて実施可能となりました。
急性期リハビリテーションでは、主に脳卒中、整形外科疾患の発症および手術直後からの入院患者さんを対象として、早期離床と日常生活活動(ADL)の早期獲得を目指し、個々の患者さんの状態に合わせた積極的なリハビリテーションを行っています。また、必要に応じて回復期リハビリテーションへのスムーズな移行を図っています。
回復期リハビリテーション病棟では、脳血管疾患、大腿骨頸部骨折などの患者さんに対して、ADL(日常生活活動)能力の向上による寝たきりの防止と、家庭復帰を目指した集中的なリハビリテーションを365日受けることが出来る病棟です。
医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などが共同でそれぞれの患者様にあったプログラムを作成し、これに基づいて質・量ともに実生活での自立を目指したリハビリテーションを受けることが出来ます。
現在、スタッフは総勢60人、理学療法士26人・作業療法士25人・言語療法士9人が配置されて おり、リハビリテーション施設基準は、
脳血管疾患等リハビリテーション(I)
運動器リハビリテーション(I)
呼吸器リハビリテーション(I)
を取得し ています。
外来通院による治療につきましては、予約診療とさせていただいており、機能障害の診断・治療・予防などのアドバイス、個々の患者さんに効率の良 いリハビリテーションプログラムの提供など行っています。
《在宅援助》
入院患さん様に対し、理学療法士、作業療法士などのスタッフが協力して、在宅復帰へ向けた家屋評価、訪問指導、日常生活指導、外出訓練などを、必要に応じて実施しています。
《呼吸サポートチーム:RST》《摂食嚥下サポートチーム:SST》
早期から医師を中心としたチームで病棟回診、各種講義や勉強会の開催等を通して院内全体での呼吸・摂食嚥下療法における安心・安全なケアのレベルアップを図るべく活動しています。
リハビリテーション科



PAGE TOP△

|HOME|病院の紹介診療科の紹介外来・入院の案内各部署の案内TOPICS|アクセス
Copyright(c)2007-2014 Yuaikai Hospital All right reserved.